埋没毛について

埋没毛について

自分でムダ毛の処理をしてる人が注意しなくてはいけないのが、埋没毛です。

 

埋没毛と聞くとあまり馴染みがないですが、カミソリや毛抜きでムダ毛処理をしていて、時々皮膚の薄皮の下に毛が入ってしまっていることがあると思います。

 

それが埋没毛といわれるものなのです。

 

埋没毛は、表皮の下に毛が入り込んでいる状態で、そのまま成長してしまうのです。

 

ムダ毛処理をした時に毛穴に傷がついてしまい、その部分の皮膚がくっついてしまったりカサブタになったりして毛穴が塞がってしまいます。

 

そのため毛穴からムダ毛が出られずに表皮の下で成長してしまいます。

 

表皮のすぐ下なので黒いムダ毛が見えるのに抜く事ができない・・とても気になります。

 

そんな埋没毛にはどのように対処すればいいのでしょう?

 

埋没毛はそのままほうっておいても消えてしまう場合もあります。

 

しかし色素沈着を起こしたり、中でニキビのように炎症を起こしてしまうことも多いのです。

 

中で伸びた毛をとってしまうしか方法はないのですが、毛抜きや針を使わなければならず肌を傷つけてしまうリスクがあります。

 

もしできてしまったらスクラブやピーリング剤を使って、毛穴をふさいでいる角質を少しづつとります。

 

できるだけ肌を痛めないように処理の後は十分な保湿を心がけましょう。